モビット審査前に押さえておくべきこと

早いと評判のモビット、何を指して「早い」といわれているのでしょうか。

 

■モビットで注目される10秒審査とは

審査が早い、そのイメージは10秒審査にあるでしょう。
ところがこれは10秒で簡易審査結果表示ということです。

 

実際の本審査とは異なる場合もありますので「参考にするもの」として認識しておきましょう。

 

”モビットの審査時間は最短30分”です。

最短というからにはそれ以上のことも十分にありえます。
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

審査時間が長引くことも考慮して早めに申し込みをすると安心でしょう。

 

■審査に必要書類は?

実はモビットでは「web完結」に申し込みをするのか、「カード申込」で申し込みをするのかによって必要な書類が異なります。

 

カード申込 本人確認書類
いずれか一つ
運転免許証
健康保険証
パスポート
収入証明書類
いずれか一つ
源泉徴収票
税額通知書
所得証明書
確定申告書
直近の給与明細書2か月分
web完結 銀行口座
いずれかひとつ
三井住友銀行口座
三菱東京UFJ銀行口座
本人確認書類
いずれか一つ
運転免許証
パスポート
収入証明書
いずれか一つ
源泉徴収票
税額通知書
所得証明書
確定申告書
直近の給与明細書2か月分
勤め先確認書類
いずれか一つ
社会保険証か組合保険証
直近の給与明細書1か月分

※保証人、連帯保証人、担保は不要です。

 

用意が必要な書類の量がまったくちがいます。
特にweb完結では「銀行口座」を改めて用意することができても、「健康保険証の種別」は大きな壁になるでしょう。

 

 

”ポイント”

それでも、カードレスであるために自宅への郵送物がなく、勤め先確認書類を提出して職場への電話がないことはモビットweb完結の最大の特徴であり大きなメリットです
家族にも職場にも内緒でキャッシングをしたい方にとって捜し求めていた方法でしょう。

 

■審査で重要になる与信スコアリングとは

属性スコアリングとも呼ばれる方法です。
申込書に入力した一つ一つの項目に対して、評価がつけられます。

 

その評価点数の合計によって計る「返済能力」が与信スコアリングです。

 

例えばわかりやすい例で評価の高い順に並べて見ましょう。

 

職業

士業→公務員→上場企業→中小企業→契約社員→個人事業主→派遣→パートアルバイト→無職

 

電話環境

固定電話+携帯電話→固定電話→携帯電話→電話なし

 

確実に連絡がつく、安定した収入がある、支出が少ない。
さまざまな条件によって評価が決まります。
一つの項目の評価が低くても、他でカバーできることもあるでしょう。

 

アルバイトで収入が低くても親との同居であれば支出額が少なくその分、返済のためのお金を確保しやすくなります。
しかし他社借入があると支出額も多いと判断されます。

 

与信スコアリングは申込書を基にして行われているため、正確に記入することを心がけましょう。